看護師について

看護師のリアルな給料は?これが地方都市根幹病院の実力

2020年12月7日

お悩みNs
看護師は高給取りって言われてるけど実際の看護師さんに聞くとそうじゃないって言うよね?実際に所はどうなの?
看護師夫婦のリアルな金額と、なぜ看護師が高給取りを否定するのか紹介していきます。
ばらもん

この記事の内容

  • 実際の給料を公開
  • 給料に対する夜勤の考え方
  • 実際に働いている看護師目線からみたお金に対する不満
  • なぜ看護師の給料が上がりにくいのか簡単に説明

この記事が参考になる方

  • お金の話が大好きな方
  • 看護師の高給取りという言葉の真意を確かめたい人

この記事の作者について

  • 3次救急病院で夜勤ありの看護師をしています。
  • 勤務は3交代です。
  • 20代の看護師夫婦です。大卒です。

給料公開!これが看護師の現実。

豚の貯金箱が割れて小銭があふれ出している画像

3次救急病院集中治療室給与

基本給 手取り 夜勤手当 残業代 家賃手当 年収
235,000円 270,000円 57,000円 9,000円 27,000円 5,500,000円

・細かい数字は四捨五入
・残業は5時間以内
・扶養手当なし
・ボーナスは約4.3か月分

この月は準夜と深夜を合わせて10回入った数字になります。

月によって残業や夜勤の回数は違うため多少の変動はしますが、大まかに月の手取りで25万~30万位だと思ってもらえばいいでしょう。

ちなみにこれは集中治療室に移動した後の数字で残業がほとんどない部署になります。

集中治療室の前は内科病棟にいましたが、その時は残業が最低1時間はありましたし、ママさん看護師も多数いたので夜勤の回数も多かったです。

結果として、私は最高年収は6,000,000円に到達しました

夜勤1回につき5000円前後のお金が入ります。

実際に看護師が夜勤をすることでどういった給料が発生しているのかを紹介します。

看護師の求人を見ると夜勤手当○○円/回といった記載が必ずあります。

これはそのままの意味で、「夜勤1回に付き手当として○○円出しますよ」という事です。

3交代であれば、夜勤=準夜と深夜になります。

たいてい深夜の方が手当としては高いことが多いですが、平均すると1回あたりの夜勤で4000円~7000円あたりが多い印象です。

2交代であれば、夜勤1回が16時間勤務になります。

これは3交代における準夜と深夜を合した勤務になるため、手当もだいたい準夜+深夜になるため10000円~15000円あたりが相場でしょうか。

11月の私の夜勤手当が57000円のため、夜勤回数10回で割って一回当たり5700円手当として入っていることになります。

これを安いと感じるかどうかは人それぞれですが、私たち夫婦は毎月5万~10万もらうor夜勤をやらないかを天秤にかけて夜勤をやらない選択をしました

後述する理由に加えて別記事でも夜勤について紹介しているため参考にしてください。

日本看護協会が発行している看護実態調査によれば、夜勤手当の平均として、準夜:4141円、深夜:5033円、2交代の夜勤:11026円だそうです。

2交代と3交代についてはこちらの記事で紹介しています。

看護実態調査の記事についてはこちらの記事を参考にしてください。

全国の看護師の働く環境や給与などの平均値が見られます。

ストレスに対する給料が釣り合っておらず、稼ぐには夜勤しかない現状

現場で働いている看護師が給料に対して口を揃えて言うのは「仕事に対して割に合わない」という言葉です。私自身も思います。

ではなぜ「割に合わないのか」というと、仕事をするうえでかかるストレスに対して安すぎるのと、看護師が平均以上の給料をもらえている要因が夜勤ありきだからです。

私の働いている病院はブラック的な部分は基本ないと思っており、残業代もしっかり出るし有給もしっかりとることができます。

とはいえ地域の根幹病院であり残業は多く、さらには人対人の仕事のため患者やその家族に対して、同じ看護師に対してなど人間関係の悩みも付きません。

自分のミスで患者が死んでしまう可能性があるという命に対する重圧もありストレスは計り知れないでしょう。

看護師の夜勤に対する給料の入り方は後述しますが、仮に夜勤をやらなかったら毎月5万~10万くらいは減ります。

そうなった場合、ほぼ平均的な給料になってしまいます。

看護師は昇給も少なく給料も上がりにくいと言われており、看護師からしたらあまりにも少なすぎるのではというのが本音です。

追い打ちをかけるように、現在コロナの影響もあり医療崩壊が叫ばれています。

というか現場からしたら既に崩壊しているといっても過言ではありません

病院自体も収益が減ってダメージを受けているのはわかりますが

  • 命がけで働いているのだから給料に頑張りを反映してほしい
  • ボーナスがなくなるなんてもってのほかだ

という気持ちがあって当然です。ただでさえお金に対して不満を持っていることに加えて今回のコロナの影響でよりその不満が顕在化してきていると感じています。

看護師は資格が合って初めて看護師として働けます。資格を取るために辛い実習を乗り越え国家試験も通っています。

男女平等が叫ばれている世の中でも、まだまだ男性優遇が強い中で平均的な男性以上に稼ぐことができます。

にも拘わらず現場復帰して働けない看護師がいるという事は、それだけストレスがかかる職業であり、そういったストレスを受け入れてでも働けるだけの価値・給料がないことだと私は思っています

このことからも、平均以上のお金をもらっていたとしても実際の看護師で給料に対して満足できている人は少ないのが現状です。

看護師の給料が上がりにくい背景は?

夜の病院外観

看護師の給料は上がりにくいと看護師の皆さんなら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

そもそもこの言葉は、私が看護師になったころから先輩に言われていました。

当時の私は何の疑いもなく「そういうものなのか」と深く考えることはありませんでした。

とはいえ、その言葉を言っている先輩も他の職種を経験しているわけでもなく、おそらく本当に給料が上がりにくいのか調べたわけでもなく、当時の私と同じように先輩から言われてきた言葉を後輩に言っているだけのような気がします

今改めて、看護師の給料が上がりにくい背景について2つの要因と共にお話していきます。

  1. 女性が多い職場であること
  2. 役職が反映されにくいこと

女性が多い職場であること

看護師の世界は男女比でいうとだいたい1:9くらいの割合です。

女性の場合、寿退社や妊娠出産における退職、育児休暇などどうしても看護師として働かない期間が男性に比べて出てきやすいです。

私の病院も含めて、看護師の給料は基本的に年功序列です。

そのためどうしても給料の伸びが落ちてしまいます。

そうすると経験年数10年の看護師層にも、ストレートで10年働き続けた看護師と5年働きブランクを挟んで再就職して5年働いた看護師が混在することになります

女性が9割を占めるため、一般企業に比べて上記のような割合も多くなるため、それが給料が上がらないという意見に繋がっているでしょう。

役職が反映されにくいこと

皆様の職場では看護師の役職は何があるでしょうか?

私の病院の場合、病棟単位ではそれぞれ師長一人、副師長1人~5人位、その上には看護部として師長と副師長があります。

一般企業で働いたことはないため詳しくないのですが、もう少し役職自体はあるのではないでしょうか?

役職が少ないためそもそも昇給できる要因の一つである「役職につく」という選択肢が少ないです。

また、その手当も少なく、師長になると夜勤がなくなります。

既に述べたように看護師の給料の柱は夜勤をいかに行うかであり、夜勤がなくなった分手当をもらっても結果的にはマイナスになるのです。

そのくせ毎月のシフトの調整で上からも下からも文句を言われたり、自分より年上のお局的な方から文句を言われたりと非常に非常に大きなストレスもかかります。

資格の反映は?

看護師が給料を上げる手段の一つとして、資格を取るという事があります。

メジャーなもので言えば、認定看護師専門看護師がありますね。それらに加えて近年は診療看護師(NP)という選択肢も出てきました。

これらの資格を取ることは看護師のキャリアップでは一番有名ですが、これらの実態まではご存じない方もいるのではないでしょうか?

この資格に関してはいずれ別の記事で紹介予定のため、今回は給料だけ位に絞って話をさせていただきます。

まず結論から言うと、資格を取ったからといって給料が上がるという事は期待しない方が良いでしょう

当院にも多数の認定看護師、専門看護師が存在して、実際の現場では知識も豊富で病棟の枠にとらわれず働いている方も多数います。給料としても、私の病院では万単位の手当てが出ています。

とはいえ、そういった万単位の手当てが出る病院は病院はほとんどないと思った方が良いです

当院には認定・専門看護師の資格を取るため実習に来る方もいます。

以前来た方は他県の総合病院で勤務しており、専門看護師の実習で来ておられましたが、話を聞くと手当は3000円位と仰られていました。

インターネットで調べてみると手当が出ていない病院もあるみたいです。

一つ紹介しておくと、専門看護師は2年大学院に行く必要があり、入学金だけで200万程度かかります。
ばらもん

その結果が手当が出ない、もしくは出ても雀の涙程度。

その割には仕事量は膨大に増えて求められるスキルや知識等も大幅に高くなる。ひどい人だと資格とは全く違う部署に飛ばされたという方もいます。

これらのことからも、看護師で役職を取ることは全く+に働く要素がなく、だれもなりたがらないと言っても過言ではありません。

以上のことが理由の2つ目になります。


こうやって見るとやはり看護師の給料が上がる要素は少ないでしょう。

今後も女性が多い職場であることに変わりはないでしょうし、いくら男性が育児休暇を取るようになっても男性が妊娠して仕事を辞めることは99%あり得ないでしょうし。

役職についてもコロナの事でもわかるように看護師は「使い捨てができるコマ」という側面もあるため、いきなり改善される期待はできません。

解決手段は転職か副業

医者と看護師のフィギュア

ここまで看護師の給料についての不満を述べてきましたが、結局今後も上記の環境が改善される見込みは低いでしょう。

結局労働環境が悪い病院はどこまでいっても悪いままのことが多いです。

日本は先進国の中では病院の数は多いと言われており、今の看護師の環境としてはまだまだ転職は有利なはずです。

看護師が愚痴を言いたくなるようなブラック病院がある中で、私の働いている病院はホワイトといえます。残業は部署によってえげつないですが。そういった病院も探せばあります。

看護師の方々は、どうしても日々の仕事に忙殺されたり、新しい職場の人間関係への懸念から、環境を変えるための足取りが重くなりがちです。

今後は看護師の職場環境も超急性期の病院+在宅が主流になってくると言われています。

そうなってくると、今のように看護師が病院を選べる時代から看護師が病院に選ばれる時代になってくるとも言われています。

そうなった時、知識も豊富で勉強意欲のある看護師に対して、今現在惰性で何となく職場が楽だから続けている看護師が選ばれる可能性はゼロに近いでしょう。

働く場所がなくなることはないですが、少なくとも今のより取り見取りな状態は続かないと思っておいた方が良いかもしれません。

そうなった時に、自分はどこでどのような働き方をしてきたいでしょうか?

自分が選べる内からホワイトな職場を見つけて転職するのもありだと私は思います。

看護師の転職サイトはたくさんあります。Twitterには転職サポートを行っている人もいます

逆に今ホワイトな病院で働いている方は、マネーリテラシーを高めて、夜勤の後の暴飲暴食ショッピングに使うのではなく、そのお金で自分への投資や金融商品への投資を始めてもらいたいです。

現代において、スマホを使えばすぐに情報は手に入ります。

後は行動するかしないかです。

まとめ

看護師の給料は結局夜勤ありき。

今後もその給料体制が変わる可能性は低く、役職や資格も給料の面では全く期待できない。

変えるには自分が行動するしかない。

職場を変えるでも、投資の勉強をするでも、何か一つ行動してみてほしいです

今回は以上になります。

ありがとうございました。

-看護師について
-,

© 2021 ばらもんblog Powered by AFFINGER5